オンラインラボ

サイトTOP メニュー

一部商品の配送料改定のお知らせ

ラボ工房Plus

春を楽しもう。プリント&フォトブックキャンペーン

おすすめポイント

アイデアをカタチにしよう

レイアウトに一切制約なしアイデアを具現化できる

フォトブックもカレンダーも

フォトブックもカレンダーも!このソフトで作れます

高度な編集機能

実力派ユーザーも納得高度な編集機能を搭載

製品ラインナップ

写真ブックラウンド

画質を楽しむフォトブック
写真ブックラウンド

本が180度開く「レイフラット製本」で銀塩の高画質が楽しめるタイプ

プレスブックDX

マットな質感ハードカバー製本
プレスブックDX

180度無理なく開く製本。高画質エントリーフォトブック

プレスブック

カジュアルなソフトカバー表紙
プレスブック

想い出をいつも持ち歩こう!スマホにも付けられるミニフォトブック

プレスブックLITE

ZINE・パンフレット風ホチキス製本
プレスブックLITE

ホチキスで製本したZINEライクなフォトブック

写真カレンダー

好きな写真でカレンダーを!
写真カレンダー

CD・A4・A3サイズのカレンダー。プレゼントにも人気です*

作成から注文までの流れ

フォトブックの作成

お好みのフォトブックのタイプ・サイズを選択します。『コンセプトブック』にはデザイナー監修のライフベント用デザインが入っています。

都度画像を追加していくと面倒になることも。あらかじめ使いたい画像は1つのフォルダにまとめ、1度に読み込むのがコツです。

都度画像を追加していくと面倒になることも。あらかじめ使いたい画像は1つのフォルダにまとめ、1度に読み込むのがコツです。

画像のトリミング調整やスクラップブックでの飾りつけ、ページスタイルの変更など、デザインの調整をします。※気持ちを込めて作成したデータです。こまめな保存を心がけてください!

フォトブックのデザインが完成したらプレビュー機能で全体を確認してください。自分では気づかない間違いもあるので、誰かに見てもらうのも手です

フォトブックの注文

カートボタンを押すと、配置写真の中で印刷品質を満たさないものがないか「フライトチェック」が入ります。図のように注意が出た写真は、画像ボックスに対して写真が小さい事を意味していますので、画像ボックスを小さくするか、より大きなサイズの写真に差し替えて下さい。※そのまま出力することもできますが、ぼやけた感じに仕上がるなど、仕上がりの品質に影響がでます。

初回注文時に本アプリでの注文の際に使用するお届け先をご登録下さい。※オンラインラボのご利用登録情報は引き継がれません。2回めのご注文よりカンタンにご利用いただけるようになります。

注文冊数・お支払い方法等、ご注文に必要な情報を入力します。入力内容が正しければ次へ進みの仮オーダーを完了して下さい

仮オーダーを完了させると自動的にアプリに戻り、アップロードを開始します。

基本機能について

画像配置・デコレーション

画像配置やデコレーション

編集画面下部のタブには写真配置の変更や画像の切り抜き方(写真フチのボカシなど)を変更する「ページスタイル」「マスク」があります。また、スクラップブックタブには自由に貼り付けられるシールが入っています。

文字の調整はインスペクタで

インスペクタ

画面右の『インスペクタ』を使って文字の調整をしましょう。フォント変更・テキスト方向整列調整はもちろん、字間・行間・不透明度や文字の縁取りなどの調整もできます。

利用環境

RAM 2GB以上 (推奨:4GB以上)
記憶領域 2GB以上
ディスプレイ 解像度1024px × 768px以上、32,000色以上
OS Windows Vista/7/8/8.1/10
Mac OS X 10.4.x以降
ブラウザ 最新のGoogle Chrome
最新のfirefox
最新のSafari
InternetExplorer10.0 以上
通信環境 ・光回線などの、高速・大容量ブロードバンド接続を推奨

※プロキシーサーバー経由での通信には対応しておりません

ソフトウェアアップデート アプリケーション起動時に自動でソフトウェアの更新チェックがかかります。更新があった場合はインストールし、アプリケーションを常に最新の状態でご利用ください。

ソフトウェア使用許諾契約書

株式会社ラボネットワーク(以下弊社といいます)は、お客様に弊社が提供するネットプリント注文 ソフトウェア「オンラインラボ工房-Photobook Edition-」(以下本許諾製品といいます) を本使用許諾契約の各条項に従い使用する権利を許諾します。 お客様がこの契約に同意できない場合には、ダウンロードを開始しないで下さい。 この場合、お客様は「本ソフトウェア」を使用することができません。

  1. 使用許諾

    (1)お客様は本許諾製品を日本国内において、お客様ご自身が使用するためにお客様の保有するコンピューターシステムにインストールして利用できます。

    (2)お客様はバックアップの目的で本許諾製品の複製物を1部作成することができます。

  2. 禁止事項

    お客様は、本許諾製品の使用にあたっては、次の事項を行ってはならないものとします。

    (1)バックアップを目的とする場合を除き、本許諾製品を複製すること。

    (2)本許諾製品およびその複製物の全部もしくは一部を、第三者に譲渡、貸与しまた再使用許諾等すること。

    (3)本許諾製品を改変・変更し、リバースエンジニアリング、逆コンパイルもしくは、逆アセンブルを行い、また第三者をしてこれらの行為をさせること。

    (4)本許諾製品を直接または間接に輸出すること。

  3. 知的財産権の帰属

    本許諾製品に関する著作権その他の知的財産権は、その権利者である弊社に留保されるものとし、 本使用許諾契約によりお客様に許諾された場合を除き、 明示または黙示を問わず、いかなる権利もお客様に譲渡されまたは許諾されないものとします。

  4. 免責

    (1) 弊社は、本許諾製品を提供時の状態にてお客様に提供するに留まるものであり、 本許諾製品の機能実現性、バグの有無その他性能・品質等に関する事項につき一切保証をしないものとします。

    (2) 弊社は、本許諾製品の使用または使用不能からお客様に生じるあらゆる損害について一切責任を負わず、 またいかなる場合にも付随的、特別あるいは結果的な損害および逸失利益について一切責任を負わないものとします。

  5. 権利義務の譲渡禁止

    お客様は、本使用許諾契約に基づく権利もしくは義務の全部もしくは一部を、 弊社の事前の書面による承諾を得ないで第三者に譲渡し、または貸与してはならないものとします。

  6. 解除

    お客様が本使用許諾契約に違反した場合、弊社はお客様に何らの催告等をすることなく直ちに本使用許諾契約を解除することができます。

  7. 期間

    本使用許諾契約は、本許諾製品をお客様がご使用になられたときから発効し、お客様が本許諾製品の使用を終了し、 または第6項の規定により弊社が本使用許諾契約を解除するまで有効とします。

  8. 一般事項

    本使用許諾契約に関連して生じた紛争等を裁判により解決することとなった場合、 横浜地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

以上